健康情報を更新しました 「ご存知ですか?「セルフメディケーション税制」」

今月の健康情報は「ご存知ですか?「セルフメディケーション税制」」です。

 

ご存知ですか?「セルフメディケーション税制」

「セルフメディケーション税制」という言葉を知っていますか?
これは、平成29年1月1日から開始される新たな制度で、購入した市販の医薬品(スイッチOTC医薬品)について1年間の購入金額に応じて、所得控除を受けることができるというものです。

セルフメディケーション税制とは


対象となるスイッチOTC医薬品の年間購入額が1万2,000円を超え、本特例の適用条件を満たす一定の取り組みを行った方に適用される所得控除のことです。



スイッチOTC医薬品ってなに?

医療薬から市販薬(ドラッグストア等で購入可能な薬)に転用された医薬品のことです。

対象となる医薬品の例

・かぜ薬
・胃腸薬
・鼻炎用内服薬
・水虫・たむし用薬
・肩こり、腰痛、関節痛の貼付薬など


※上記薬効の医薬品の全てが対象となるわけではありませんのでご注意ください。



どのような場合に申請できるの?

以下の条件すべて満たせば、申請対象となります。

①所得税、住民税を納めている。

②1年間(1~12月)に健康の維持増進および疾病予防の取り込みとして、以下のいずれかを受けた方。

・特定健康診査
・予防接種
・定期健康診断
・健康診査
・がん検診

③ご自身・または生計を共にする配偶者その他の親族に係る一定のスイッチOTC医薬品を、1年間(1~12月)で、1万2,000円以上購入している。

控除対象金額

年間購入金額が1万2,000円を超えるときは、その超えた部分の金額(申請者の扶養家族分を含む、上限8万8,000円)が対象

期間

平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間



申請の流れ

以下の手順で申請が可能です。

①ドラッグストア等で薬を購入し、レシート(領収書)をもらいます。
※申請時に必要となるので、すぐに捨ててしまわないよう要注意!

②現行の「医療費控除制度」同様、確定申告時に課税所得から控除される金額を差し引いて確定申告を行います。その際、レシート(領収書)を提出しましょう。

例)
年間¥20,000分の対象医薬品を購入した場合
¥20,000-¥12,000=¥8,000が課税対象の所得税から控除されます。
※年間¥100,000以上購入した場合は、上限の¥88,000が控除されます。

③指定の口座に還付金が振り込まれます。

※セルフメディケーション税制の適用を受ける場合には、従来の「医療費控除制度」との併用はできません。ご自身のその年の医療費と相談し、どちらで申請するか判断しましょう。



なぜこのような制度がはじまるの?

平均寿命が延び続ける現在、セルフメディケーションという考え方が広まってきています。

セルフメディケーションとは

健康管理を自身で行うことで、健康に対する意識を高め生活習慣病等を自身の力で予防することを目的としています。

例)
・健康管理として、不足していると考えられる栄養素をサプリメントなどで補う。
・軽度の症状の緩和や予防として、一般用医薬品を使用し、治療を行う。
→転んでケガをした際、自ら消毒をし、絆創膏を貼る処置を行った。

セルフメディケーションの効果

■日常的な医療管理に繋がる
■医療や薬の知識が身につく
■医療機関利用のための手間と費用を省くことができる
■医療機関に対する過負荷(医師の過労や、「3分間診療」など)の軽減

※3分間診療・・・医療機関を受診し長時間待たされたとしても、医師に診察してもらえるのはたったの3分程度であるという例え



これからの時代、『自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること』が求められるようになってきます。
自ら考え、行動し、自身の健やかな生活を守っていきましょう。


提供:メディアコンテンツファクトリー