健康情報を更新しました 「乳がん」

今月の健康情報は「乳がん」です。

 

乳がん

胸のしこりや痛み、違和感を感じたとき、あなたが一番心配に思うことは「もしかして乳がんかも…?!」ということではないでしょうか。
乳がんは世界的にみても女性に多く発症するがんと言われています。日本人女性のうち、乳がんを発症する割合は約20人に1人と言われており、また、乳がんで死亡する女性の数は年間約1万人弱とされています。
10月はピンクリボン運動月間です。今回の健康情報では「乳がん」についてご紹介したいと思います。

ピンクリボン(Pink ribbon)とは、乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を推進すること、などを目的として行われる世界規模の啓発キャンペーンのこと。


乳がんとは

乳房の中には、乳汁をつくり、分泌するための乳腺組織があります。
乳がんとは「乳腺」から発生する癌で、脂肪からは発生しません。
他のがん同様に細胞の遺伝子異常の蓄積によって発生することが分かっています。また、発生・進展ともにホルモンに依存している点が特徴です。大人の女性の乳房は、乳頭を中心に乳腺が放射状に15~20個並んでいます。



乳がんの症状

乳がんの発見につながる症状として「胸のしこり」がよく知られていますが、
その他にも色々な症状があります。「おかしいな!?」と感じたら、すぐに医師に相談しましょう。

こんな症状ありませんか?
■乳房の皮膚の陥没、えくぼ、ひきつれ
■脇の下の腫れやしこり
■乳房のしこり
■乳頭からの分泌物
■乳房の発赤や痛み
■乳頭・乳輪の湿疹・びらん


乳がんが小さいうちは、これらの症状が見られないことがあります。特に気になる症状がなくても、定期的な乳がん検診を受けることは大切です。



乳がんの原因

乳がんの原因として他のがん同様に細胞の遺伝子異常の蓄積によって発生することが分かっています。また、乳がんには以下のリスクファクターがあるとされています。

■初産年齢が高い
■出産歴がない/授乳歴がない
■初潮が早い/閉経が遅い
■ホルモン補充療法を長期間受けている
■家族に乳がんや卵巣がんになった人がいる
■子宮体がん、卵巣がんに罹ったことがある/乳がんや異型などの乳房良性疾患の既往
■飲酒量が多い/肥満気味である



乳がんの罹患率と死亡率

乳がんは、日本人女性のがんの中で一番多いがんです。女性のがん罹患率(りかんりつ)は、30歳代から徐々に増えはじめ、40歳後半~50歳前半にピークを迎えます。また、2015年には、乳がんが原因で亡くなった方が、13,584万人に上り、1980年代と比べ3倍以上になっていることが、厚生労働省の調査で明らかになっています。

では、なぜ、乳がんを患う女性の割合が増加してきたのでしょうか?



乳がん増加の背景

日本では今、乳がんが急増しています。その背景として①食生活の欧米化による肥満、②女性の社会的進出に伴い増加傾向にある、高齢出産や出産を経験しないということがあげられます。

原因:① 食生活の欧米化による肥満の増加

食生活の欧米化で肥満の女性が増加

脂肪に蓄えられる女性ホルモンの量が増え、過剰に


皮下脂肪はエネルギーだけでなく、エストロゲンなどの女性ホルモンを蓄えています。脂肪の増加は女性ホルモンの過剰な蓄積を招くリスク要因です。


原因:② 出産の高齢化及び出産経験なし

女性の社会的進出等により未出産・高齢出産の割合が増加

乳腺が長期間エストロゲンの影響を受け発がんが促進


未婚女性は既婚女性に比べ、乳がんのリスクが高いことが世界各国の研究で認められており、乳がん死亡率は既婚女性の3.7倍と報告されています。また、初潮の低年齢化や高齢出産、閉経年齢の高齢化なども原因のひとつと考えられています。



早期発見の重要性・定期検診のすすめ

「乳がん」と聞くと、とても怖いイメージがあると思います。「抗がん剤治療」「乳房全摘」「生存率」「再発の不安」・・・・など、様々な不安が脳裏を過るかもしれません。
しかし、乳がんは早期発見・治療を行い、適切な対応をとることで、上手に付き合っていくことのできる病気であり、治療法についても、色々な手段を選べる時代です。

そのためにも、セルフチェックや定期検診を積極的に受けることをオススメいたします。

検診のメリット

①救命効果
最大のメリットは、早期発見・早期治療による救命です。

②早期のがんを発見
何らかの症状があり外来を受診した場合には、進行した乳がんが見つかるケースが少なくありません。
何の自覚症状もない方にがんが見つかった場合、そのがんは、まだ救える可能性の高い早期がんである可能性が高いのです。

③その他の病気を発見できる場合がある。
検診を行うことで、がんになる前段階の病変が見つかることもあります。病変が見つかった場合でも、経過観察を行い、必要に応じて治療をすることで、「がん化」を防ぐことが可能です。

早期発見のために

■月に一度のセルフチェック
普段から、自分の胸の状態を見て触って知っておくことで、些細な変化に気付けることがあります。

■乳がん検診を受けましょう
40歳を迎えたら、2年に一度、乳がん検診を受けることが国の指針で進められています。
まだ規定の年齢に達していない方も、ご自身のことですので、検診を受けましょう。



乳がんは、全ての女性に起こりうる病気の一つです。
少しでも気になることがある場合は、一人で悩まずに、まずは家族や医師に相談しましょう。




提供:メディアコンテンツファクトリー