健康情報を更新しました「急性胃炎・慢性胃炎」について

「急性胃炎・慢性胃炎」

吐き気や食欲不振に悩まされている方は是非、御覧ください。

 


急性胃炎・慢性胃炎

吐き気や食欲不振に悩まされていませんか?
今日は、急性胃炎・慢性胃炎について学びましょう。


胃炎の症状と原因

急性胃炎・慢性胃炎の症状は、ともに食欲不振、吐き気、上腹部の痛みなどです。


急性胃炎

常生活の食事や飲酒などにより、胃の粘膜が荒れている 症状です。
原因が取り除かれると回復が早いのが特徴です。

急性胃炎を繰り返すと慢性胃炎に移行します。

急性胃炎
症状

・食欲不振
・上腹部の痛み
・嘔吐
・吐き気

原因

・暴飲暴食
・薬の摂取
・細菌の感染
など
はっきりしたものが多く、治療により早期に回復するのが特徴

原因

治療

急性胃炎の原因は様々であり、治療の方法もそれぞれ異なります。
まずは受診をして、原因にあわせた薬の処方や治療法の指導を受けましょう。


慢性胃炎とは

慢性胃炎とは、胃に刺激が繰り返し加わることで 慢性的に炎症を起こしている状態です。
本来、慢性胃炎とは検査によって胃粘膜に炎症がある場合につけられる病名で、自覚症状だけでは慢性胃炎の確定診断は困難です。

慢性胃炎
症状

・時に空腹時痛
・胃もたれや食後の腹痛
・常に胃に不快感がある
・胸焼けや吐き気など
・食欲不振
※ほとんど自覚症状のない場合もある

原因

原因

種類

慢性胃炎は、特発性慢性胃炎と随伴性慢性胃炎とに分けられます。

慢性胃炎の種類

治療

慢性胃炎の原因はピロリ菌の感染が大きく関わっていることが明らかになってきています。
しかし、急性胃炎とは違い、完全に治ることはまれです。


治療

胃炎自体はそれほど心配のない病気ですが、 胃がんや肝炎・すい炎の症状と似ているので注意が必要です。
また、2013年2月22日、ピロリ感染胃炎に対するピロリ菌除菌療法を健康保険診療で行うことが可能になりました。
気になる症状がある方は、 内科・胃腸科・消化器科を受診しましょう。

提供:メディアコンテンツファクトリー