健康情報を更新しました 「かぜ症候群」

今月の健康情報は「かぜ症候群」です。

 

かぜ症候群

実は、医学的には「かぜ」という病気はありません。
上気道(鼻・咽頭・喉頭)の急性炎症を総じて「かぜ症候群」と言います。
のどや鼻からウイルス・細菌が侵入し感染します。


主な症状


発熱、鼻水、鼻づまり、咳・のどの痛み、くしゃみなどの症状が出ます。
・その他、急性咽頭炎、扁桃炎、中耳炎になる場合もあります。

 



原因

かぜ症候群の大部分(80~90%)はウイルス感染が原因で、残り(10~20%)は細菌感染が原因です。
鼻腔・咽頭・喉頭に感染し、炎症を起こします。
※抵抗力が落ちていると、炎症が強くなります。



かぜ症候群とインフルエンザの違い

 
かぜ症候群
インフルエンザ
特徴 鼻や喉の症状が強いのが特徴です。 全身症状(寒気、倦怠感、下痢、吐き気)が強くあらわれます。
主な症状 せき、鼻水、喉の痛み、微熱程度の発熱
※重症化はほぼなし
関節痛、筋肉痛、強い倦怠感、38度以上の高熱
※重症化しやすい
原因 ・ライノウイルス
・アデノウイルス など
インフルエンザウイルスA・B・C型
発症 比較的ゆっくり 急激
感染力 比較的弱い 強い




予防

手洗い・うがいを心がけましょう。
バランスのよい食事十分な睡眠をとりましょう。
・からだを鍛え基礎体力をつけましょう。
・乾燥した場所や人ごみは避けましょう。
・部屋の加湿、適度な保温と換気をしましょう。



「風邪をひいたかな?」と感じたら

風邪症状で医療機関を受診する際は、症状が出始めた時期や発熱の状況などを医師に伝えて下さい。

・いつから、どのような症状があるか。
・発熱はあるか。いつから始まり、どのように推移しているか。
・周囲で流行している病気はあるか。
・水分摂取はできているか。食欲はあるか。



体調管理には十分気を付けて、寒い冬を乗り切りましょう。


提供:メディアコンテンツファクトリー