健康情報を更新しました 「カビによるアレルギー」

今月の健康情報は「カビによるアレルギー」です。

 

カビによるアレルギー

高温多湿な梅雨の時期には、カビやダニが繁殖し、アレルギーを引き起こします。カビやダニは日常的に住居内に生息しているので、アレルギー症状の原因として気づきにくいかもしれません。




カビやダニによるアレルギー


カビやダニによるアレルギー疾患には下記のようなものがあります。

・アレルギー性鼻炎 ・アレルギー性ぜん息
・アトピー性皮膚炎 ・アレルギー性結膜炎

特に、 子どもは大人よりも免疫力が弱いため、アレルギーになりやすく注意が必要です。



カビ・ダニの繁殖条件

カビ:15℃から繁殖し始めますが、20℃を超えると勢いよく繁殖し始めます。湿度については、60%くらいから繁殖し始め、多湿であればあるほど繁殖します。また、ゴミホコリを好みます。


ダニ:室温20℃~30℃で、湿度が60~80%、さらに餌となる人や動物のフケ、食べ残しなどがある場所で繁殖します。また、ふとんやぬいぐるみ、カーペットなどに繁殖しやすいといえます。



カビ・ダニ対策

カビやダニを減らすには、効果的な対策を行い、快適な環境をつくることが大切です。

1 毎日の掃除をこころがけましょう。
掃除機は丁寧にかけましょう。
※ 生きているダニだけでなくその死がいやカケラも悪化原因です。


布団は念入りに!
ダニがもっとも多いのは布団です。

・高温で処理する (天日干し、布団乾燥機)
・干した後、掃除機をかける(表面のダニの除去のため)


他にも・・・
・カーテンはこまめに洗濯
・じゅうたんは、できれば使用しない
・ソファは布製より、皮製を選ぶ
・ぬいぐるみは丸洗いできると良い


2 こまめに換気しましょう。
特に、台所・トイレ・洗面所などの水まわりに注意が必要です。


3 部屋干しは控えましょう。
洗濯物の部屋干しはカビの原因となります。


4 そのほか
観葉植物もたくさん置くと葉などでカビが増えやすくなります。




換気や掃除を心がけるだけで、カビやダニの発生を抑えることができます。
普段の生活から快適な環境づくりを心がけましょう。
不調がある場合は、早めに医師にご相談下さい。


提供:メディアコンテンツファクトリー